>
HOME>入れ歯について

入れ歯について

入れ歯の特徴について
入れ歯つくりには技術・知識・心が大切です。
一言で「入れ歯」と言っても部分入れ歯もあれば、総入れ歯もあります。
歯茎や顎の動き、骨の状態の人それぞれ異なりますので、
入れ歯を作るときには「正確な歯型」を取り、
様々な条件を検討しながら計画を立てます。
“信頼される技術”全てのポイントは、正確な型採りから始まる!
合った入れ歯を作るには、正確な型採りで決まると言っても過言ではありません。
当医院では、頬や舌の動きを入れ歯に反映させて、型を採り、さらに高さと水平的な咬み合せの両方を採る事によって歯があった時の顎の位置を探して作製しています。
従って、歯があった頃の顔つきに戻り、より自然感覚な歯ごたえを取り戻す事が、可能となるのです。
最先端の技術と長年の経験と実績で、患者様の「食べる喜び」を取り戻す手助けを行います。
最先端な“素材”
最先端な“素材
咬めない理由として、入れ歯が外れやすいことが考えられます。
当医院では総入れ歯であっても、上の入れ歯が外れるようなことにはなりません。
問題は下の入れ歯です。特に総入れ歯は頬や舌などの可動組織に覆われているので、これらの動きをさまたげないように、義歯の大きさを決めなければなりません。
当医院では下の入れ歯を作製後、実際に使用していただきながら、もう一度、型を採る方法を採用し、下の入れ歯の安定を図っております。
また粘膜面にシリコン用を使用し、疲れる事なくよく咬める入れ歯を作製しています。
お問い合わせ

tel

ご質問等お気軽にご相談下さい。