>
HOME>最新入れ歯

見えないバネ

ノンクラスプデンチャー
いわゆる見えない部分入れ歯の主流です。入れ歯は通常、金属の支えを使用するので
前歯に支えを求める場合、笑ったりする時にどうしても金属が見えてしまいます。
そういった部分を解決できるため、発展してきた入れ歯です。

入れ歯自体に弾力性があり、その弾力性を利用して歯の凹凸の部分に
カチッとはまります。色もピンクなので口の中に装着するとほとんど
目立ちません。眼の見える範囲に部分入れ歯をする様な方には
とても嬉しい入れ歯です。

口内奥の部分入れ歯であれば、通常の入れ歯でも問題はありませんが、
やはり前の部分だと目立ってしまうので、そういう場合に適しています。

ただ、総入れ歯の場合は支えになる歯がないため、ノンクラスプデンチャーは
部分入れ歯にのみ適用可能です。

また、金属を一切使わないタイプのものもあるので金属アレルギーの方でも
安心してご利用いただけます。

デメリットとしては、柔らかい素材のため、金属を使用した入れ歯に比べると
耐久性が弱い部分です。

しかし、壊れた場合には修理が可能でメンテナンスによって入れ歯の
寿命は変わってきますので、適切なメンテナンスをしていただければ、
それだけ長持ちします。

理屈では歯が1本でも残っていれば、その歯を支えにして装着が可能性ですが
支えとする歯がグラグラしていて支える力がない場合など、おすすめ出来ない
ケースもあります。口内の状態に合せて患者様ひとりひとりに適した治療方法を
ご提案させていただきます。

価格は使用する大きさによって異りますが、当院では13万円~ご用意しています。

また、金属を併用する場合としない場合でも価格が変わってきますので、
まずは気軽にご相談ください。

佐々木歯科では3つのメーカーのノンクラスプデンチャーを取り扱っているので、
患者さんに合わせて使用するメーカーを選択することが出来ます。
お問い合わせ

tel

ご質問等お気軽にご相談下さい。